アラフォー シングルマザー 外資系勤務 看護師&カウンセラーSingleMamanonのさまよい日記

シングルマザーナースもうすぐ40歳。離婚後30で乳飲み子抱え大学編入。心理士&教員免許取得。子どもは発達障害。自分もいろいろあって生きるの大変。衝動性高くいろいろ挑戦しては飽きるジェットコースター。

子どもでいることを許されなかった子供時代。DV家庭で育つということ。父を56そうと本気で考えてた中学のころ

前の記事のつづきになりますが…

 

かくいう私は、暴力のひどいDV家庭で生まれ育ち、

父母の仲良くしている場面は一度も見たことがなくて、

子供らしくいられたことなんかなくて、

父が母の髪の毛持って引きずり回したり、ドアに投げつけたり、

あとは、母を締め出してドアにガムテープやらなにやら貼って、くぎを打ち付けて入れないようにして、、、

母に似ていたからか?

私も父には殴られていて、

 

心が休まったことなんてなかった。

 

とにかく、

いつも、

「妹たちを守らないと」

「母を守らないと」

「どうやって父を56そうか?56してしまったほうがいいのか?」

とか本気で考えている幼少期だった。

 

だから、小学校でも、

いわゆる自己肯定感なんて持ってなかったから、

人に嫌われているって思いこんでいるようなことがあって、

同級生全員に嫌われていると思っていた。

意地悪な女子のグループがあって、仲間外れにされていたし、

階段に呼び出されたりとか謎だけどそんなんもあったな。

 

愛された経験がないから、すごく苦しかった。

いまならわかるけど、

友達が作れるような心理状態にはまず、なかった。

なんか、嫌われている子に近寄って、話聞いたり、一緒に遊ぶとか、

下の学年の子の面倒見たりするほうが楽しかった。

 

自分が愛されていいと思えた経験がないっていうのは、子供にとって地獄。

 

だってベースが、「自分に自信がない」

ところから始まるから、無意識に、友達に嫌われているというか、

自分は人から愛されない存在なんだってところから始まるから。

寂しくて、孤独で、

でもそれは今だからわかる感情であって、当時はそういう感情を自分が感じていることは無意識の下にしまい込んでいた。

 

アダルトチルドレン

まさにその典型だったな。

 

まじめに勉強や運動をして、成績が良かったりすれば先生がほめてくれるから、

学校の成績は良かったけど、

本当にそれだけで、

今みたいに、なんかあったらここに相談しましょうみたいなのもなかったから、相談先はどこにもなかった。

 

母が、何をされても我慢をしている姿しか見て育ってこなかったから、

誰かに相談するっていう発想さえなかった。

 

のちに、こんな子供時代が苦しい大人になってから辛い恋ばっかり選ぶことにもつながっていくのだけど…

(↓こちらの本には離婚2回したのちに、ほんとうにお世話になりました。)

 

 

子どもは親を選べない。本当にそう。

貧しくても愛のある貧困国でゴミ拾って暮らしているとかのほうがよっぽどいい。

差別とかじゃなくて本気で、そしたら生きる意味をお金を稼ぐことで分かったと思うからね。自分は役に立つ人間なんだって。生きてていい烙印を押してもらえたんだって。

 

私は、たぶん、家でそういう状況のなかで、

承認欲求を満たすための行動をとることに必死だったんだよな。

好きでもないのに、選択制のクラブに参加して、意地が悪い人たちの集団だったけど、なんとなくそこに入っている人は地位が偉いみたいな雰囲気があって、本当や嫌なのに、いじめながら参加していた。

 

本当に、生き方がわかっていなかった。

 

当時は母をかわいそうだと思っていたけど、大人になって心理を勉強して、

看護師をやる中でも感じてたけど、

貧乏でも離婚してくれてたほうがよっぽどよかったなと心から思う。

母への恨みも相当だと後から気づいた。

 

話を戻すと、よく覚えているのは、、、こんなこと。

 

父が母を殴り始めると、妹たち二人を連れて階段に隠れた。

止めにはいるタイミングをうかがったり、

でも父が恐ろしくて恐ろしくて、、、

中学のころは、

父が寝ている間に・・・包丁で○○してしまったらいいんではないか?

って毎日のように考えてた。

 

母は余裕がなくて、(いっそ離婚してくれたほうがよかったのに)

3女が高校卒業するまでは…とか言って結婚生活を続けてた。

 

家で心休まったことのないまま高校を卒業して、お金のかからない公立の看護学校に入学した。

寮つきの学校で、かなり厳しい学校だったけど、

学費は月に5000円、寮費用も電気代だけ負担でいい、4畳半に二人、というぼろい寮ではあったけど、

実家から離れられたことは良かった。

 

恋愛依存の傾向は、中学から少し始まって、高校になるころにはかなり、恋愛を心のよりどころにしていた。

高校のころは…かなり偏ったというか傷ついた状態だったまま変に思春期を迎えて、そのせいで初体験は友人に陥れられてレイプという…のちにこちらはこちらで、トラウマになるようなことにもつながっていき、

若いころの自分は、振り返れば振り合えるほどに、苦しくて、かわいそうな、

無力な少女だった。

 

高校の頃のことは、また今度。

応援ありがとうございます(⌒∇⌒)

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 専門職日記へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ
PVアクセスランキング にほんブログ村 

変なナース変なカウンセラーSingleMamanonの日記 - にほんブログ村